New York Style Bagel

お久しぶりですっ!お盆休みを前に(我が家は休みじゃないけど)仕事もひと段落したのでダラダラと書いてみようと思います。

このブログでたまに紹介しているBAGEL STANDARD(以下B.S)のベーグルさん達。近くを通ると必ず大量に買ってきていたのですが、最近はこれまたHomemadeするようになり、いつでもフレッシュなのを楽しめるようになりましたっ。でもね….やっぱり最初から上手く焼けたワケじゃなくて、試行錯誤してようやく納得のいくMy Bagelsが出来上がったんです。

むか〜し昔Homemade Bagelに何度かチャレンジたけど、日本のベーカリーで売ってるのと同じく形はベーグルだけど味と食感は普通のパンっと言う”Bagelもどき”な仕上がりに納得いかず、さらに作業工程が面倒。で、ある日B.SがオープンしNew YorkスタイルのBagelsを食べられるようになったのをきっかけに自分で作るのを諦めました。
しか〜し、今年アメリカでBagelを食べた旦那が一言。
旦那:「コレ作って!」
私:「いや….簡単にお願いされても同じようなのは無理じゃないかな。。」
旦那:「苦手だったパン作りを克服したんだから行けるんじゃん?」

「〇〇作って。〇〇食べたい。」と言えば何でも出てくると思っている旦那。そんな旦那の無邪気な願いを出来るだけ叶えてあげたいと思う私(っと言うか旦那がくれたヒントにチャレンジしたいだけなのかも…)。ってことで旦那が「食べたい。」と言うならもう一度チャレンジしてみるか…っと、本場New York Bagelのレシピで作ってみました。

材料をKitchenAidに打ち込みコネコネしてもらい一次発酵。見た目と言い触り心地と言いなかなか良い感じ。

シェイピングは手抜きバージョン(普通は紐状にしてクルッとやる)だけど、ここまではすんなり行って良い感じ。で、何も考えず二次発酵。そしたら生地をボイルしている途中でな〜んかおかしいな…って状態になり。。

やっぱり失敗したよ〜!見事にぺちゃんこでおせんべいみたいにカリカリなのが出来ました。

ちゃんとレシピを読んだつもりが「輪っかにシェイプしたら10分ほど置いておく。」の部分をすっ飛ばし通常どおり”Doubled in size”(2倍に膨らむ)まで二次発酵させてしまい。。しっかり発酵させた生地をボイルしたもんだから発酵しすぎて茹でてる途中でパンクしてしぼんでしまいました。味はバッチリだっただけに悔しくて次の日再びチャレンジ。

ムクムクと脹れるイーストちゃんが可愛らしく…この工程が私のパン作りには大事です(写真左)。

シェイピング後にお湯を沸かしてすぐに生地投入。「うほ〜い!今回は上手く行きそうな予感!」っと、プカプカと浮かぶ生地を見てちょっと興奮気味。両面しっかり1分45秒茹でる。この茹で時間の長さがNew York Styleの基本ね。

こちらTRADER JOE’SのEverythingシーズニング(セサミシード、ガーリック、オニオン、シーソルト、ブラックセサミシード、ポピーシード)はたっぷり入って$1.20と激安。一から全部揃えるよりも安いので大量に買ってきました。

茹で上がったBagelちゃん達に振りかけて….。

こんがりムチムチなのが焼けました〜。んが、、穴が塞がって”あんぱん”みたいになった。

ちょっとモラセスを入れすぎたのでプレッツエルみたいな色だけど、この辺は少しずつ調節していこう。1回に6個焼いて残ったのは半分にスライスして冷凍保存です。

で〜、これまたアメリカから抱えて持って帰ってきたBagel用のトースター。そう、Bagelはトーストして食べるモノなのでトースターは重要。オーブンのトースターじゃダメなのよっ!!
手頃な価格と安定の焼き上がりで人気な”BLACK+DECER”のトースターはWalmartで$16.98ナリ(安すぎるヨネ)。超軽量でコンパクト。もちろんお掃除できるように底はちゃんと開くようになってます。普段は食器棚に閉まっておいて使う時だけ引っ張り出してます。

アメリカのほとんどのトースターには””ボタンが付いていて、さらに”Frozen”ボタンも付いているのでカチコチに凍ったBagelをそのまま投入しても美味しく焼き上げてくれます。コーヒーメーカーと比べてもこんなにチッコイのに焼き上がりはパーフェクト!

やっぱりね、Bagelと言えばクリームチーズよね。

たっぷり挟んで焼きたてにかぶりつく幸せな瞬間。

外はカリサク中は”モッチリ”。この”モッチリ”ですが、日本で言う”もっちり”とは全くの別物(”もっちり”が大嫌いな私)。噛み応えがあり顎が疲れるくらいの弾力でこれが正に”New York Style Bagels”なんですよっ。

出来上がったBagelをがぶりとやった瞬間旦那の目が大きく見開かれたのを見て「おっ、大成功だね!」っと確信した私。
旦那:「2回目でアメリカのベーグルと全く同じのを再現できるなんて”天才”だね!」
…っと子供のような表現でベタ褒めしてくれました。

この後数回焼いて微調整。あんぱんのように塞がってしまう穴は旦那曰く「クリームチーズをたっぷり挟めるし食べやすい。」とのことなのでこのままで行くことに。面倒だと思っていた作業工程も全然そんなことは無く、普通のパンよりも早く焼きあがるので楽チンです。
次々と苦手だったパン作りを克服していき、次なるBigプロジェクトはSourdough Breadにチャレンジ!これまた日本では滅多にお目にかかることができないパンなので、旦那からも「作って〜!」っとお願いされている一品です。

週一で2種類のSandwich Breadを交互に焼き、2週間に1度ぐらいのペースでBagelもしくはArtisan Breadを焼いて1ヶ月に1回ぐらいSlider BunsはたまたHot Rolls(コレについては次回)を焼いています。以前はパンにかなりの食費を費やしていましたが、今ではほとんどの物を自分で作るようになり我が家の食費は超低コストとなっています。

ここ数日は暑さもどこかに吹っ飛んでしまい過ごしやすいですね。またあの地獄の暑さが戻ってくるかと思うと恐ろしいですが、皆さん頑張って乗り切りましょう!

Leave a Reply