Sucre

2018年4月15日(日)午後10時少し前、突然の事ですがSucreが逝ってしまいました。

1週間前までは元気に散歩に行き、ご飯もよく食べ、いつもと変わらず快便&快眠していたのですが、少し呼吸が苦しそうだったのと、尿の色が急にオレンジ色になったので動物病院に連れて行った。検査の結果、肝臓の値が思わしくなく急遽大学病院で更に詳しく調べてもらったところ、脾臓に腫瘍があることがわかった。

それからたったの5日で逝ってしまった….7歳と11ヶ月でした。

3日間入院し、色々と手を尽くしてくれた獣医さんから「お家で一緒に過ごされては…。」と言われた時に、初めて残された時間は少ないと実感した。延命処置はしないで欲しいとお願いしてあったため、本当にあっという間でした。

自宅に連れ帰ってからは幸い土日だったこともあり、家族水入らず2日間Sucreに寄り添いのんびりと過ごし、最後は私達2人の腕の中で息を引き取ったSucre。奇しくも以前飼っていたラブラドールのLukeが逝った9年前と同じ4月15日。そう、この日はLukeの命日でした。

これは偶然ではなく、SucreはLukeの生まれ変わりだったのではないかと思います。もしくは….ご存知の方もいらっしゃると思いますが、同じく癌と糖尿病を患っていたLukeは約1年という長い間闘病生活を送りました。そのためLukeが長引かないようにとSucreを連れて行ってくれたのかも….。

きっと数ヶ月前から兆候はあったのだと思うのだけど、それを全く感じさせなかったSucre。あっという間の出来事で未だに実感がわかない。

Sucreを飼う時に”フラット・コーテッド・レトリバーは永遠のピーターパン”と言われたのを覚えています。我が家に来た時から本当に最後の最後まで子犬のように甘えん坊で、常に私達の後をついてくる従順さは飼い主でも感心するほど。
7歳を迎えても歳をとったとは全く感じさせず、美しい毛並みとキラキラと輝く目をした本当に美しい犬でした。

5789

Lukeを1年間看病した経験上、Sucreを飼うと決めた時からこの日をすでに覚悟していた私達2人。人間一人分の空間を失うのはかなりキツイとわかっていた。

動物の寿命は人間よりも短く、特に大型犬は小型・中型犬よりも長生きしない傾向にあると言うことを受け入れられなければ飼うべきでは無いと思う…..でも早すぎた。5月28日で8歳を迎えるはずだったのに…また私の誕生日5日前に大切な家族を失ってしまいました。あと2年は一緒に居られると思ってたのに…。

でもね….最後の最後まで私達を幸せにしてくれたSucreを思うと、いつまでも涙の中にいるわけにはいきません。Sucreがくれた素晴らしい時間を忘れずに、前向きに元の生活に戻らなくてはと思うのです。

ありがとうSucre。フカフカした毛の手触りと甘える時に見上げる目、いつも寄りかかっていたその温もり。そして”おねだりパンチ”が忘れられないよ….。

SucreとLukeの思い出はこちらから。

27 Comment

  1. Ogr says: Reply
    Fujeyさん 以前もコメントを残させていただいたかもしれません、Sucreさんの同胎犬のElmoと暮らしている者です。 Elmoも先月の末に手術をしたとしても余命2ヶ月と宣告されました。 全く思いもしなかった余命宣告は信じ難く、急遽検査をしましたがやはり脾臓からの血管肉腫とのことで、肝臓と肺と筋肉にも転移しており、外科手術を含め何の手段も施せない末期でした。 今は良い状態と悪い状態を往き来しながらこちらに覚悟を決めろと言っているような気がしています。 痛みや苦しみがないとされていることだけが幸いです。 そんな中で、ふと今、同胎犬たちはどうしているだろうかと思い、こちらのブログにたどり着きました。 奇しくも脾臓の悪性腫瘍、年齢を感じさせない美しい風貌、早すぎるという点も一緒です。遺伝子の仕業でしょうか。 でも、顔は似ているなぁと思いますが、やはり違います。 勝手ながらブログを拝見して、これは現実なんだという実感が少し手に取れたように思います。 しかし突然にも程がありますよね。 命はいずれ終わりを迎えるものの、だからといって軽んじる理由にはならず、 別れは重く苦しいものであろうとも、一緒に過ごした日々の喜びが押し潰されるものではないのだと覚悟しながら、いくら覚悟しようとしたところで覚悟しきれない気もしています。 もう少し残された日々を大切に過ごしながらSucreさんのご冥福をお祈りしています。 Elmoが行ったら遊んでやってください。
    1. fujey says: Reply
      Ogrさんへ。 Elmoちゃんの近況をお聞きし、大変ショックを受けております。 Sucreは突然逝ってしまったため、私たちの気持ちの整理うんぬんより、ただひたすら悲しむ姿をSucreに見せないようにと努力するのが精一杯でした。旅立つ瞬間も笑顔でSucreを見守り、安心させてあげることが私たちに最後にできる事だったのだと思います。 OgrさんがElmoちゃんと離れたくないと渇望するのと同じくらい、ElmoちゃんももOgrさんと離れたくないと思っているのではないでしょうか。 とてもお辛いとは思いますが、どうぞElmoちゃんにもそんなそぶりを見せずに残された時間を一緒に過ごし、存分に可愛がってあげてください。 Sucreの前に飼っていた犬を1年以上看病したので、今のOgrさんのお気持ちがよくわかります。体力、精神的にも大変だと思いますので、どうぞお体に気をつけてくださいませ。
  2. kumanoko says: Reply
    Fujey様 心よりお悔やみ申し上げます。 数年前からファンです。 私もSucreにそっくりなフラットを少し前に見送っています。(同じ脾臓腫瘍でした) 永遠のピーターパンの存在感はいまだ衰えず、会いたくなると、Sucreの画像を見て癒されていました。 ありがとうSucre!
    1. fujey says: Reply
      kumanokoさんへ。 お悔やみのコメントをいただきましてありがとうございます。 また素晴らしいフラットに出会える日を楽しみに、日々元気に暮らしております。 このブログもなかなか忙しく更新できませんが、是非また美味しいニュースをお届けしたいと思います。 Sucreにそっくりなフラット!!さぞ可愛かったでしょうね!! また是非遊びに来てくださいね〜。
  3. 九九 says: Reply
    長年ブログを拝見しています。差し出がましいようですが、しばらく更新のないfujeyさんを心配しています。 私も一年前に愛犬を亡くしました。 病気知らずでしたが急に食欲が落ちたので病院へ連れて行くと、治療法のない免疫系の病気にかかっていました。 1ヶ月自宅で闘病して一時は回復傾向にありましたが、最後は誤嚥性の肺炎で私の腕の中で最後を迎えました。 闘病中は私の手作り食を食べていたので、私がもっと飲み込みやすいように作っていたらと後悔しています。後悔しすぎて、夫にそのことを打ち明けることがいまだ出来ません。優しい夫なので、打ち明けても慰めてくれるとわかっているのに。 1ヶ月の闘病は、私たちに覚悟ができるように用意してくれた時間だと思いました。 なので、5日でSucreちゃんを見送ったfujeyさん、本当にお辛かったでしょう。 私も一年経ちましたが、見送った季節と同じ季節が巡ってきて、思い出すことがまた増えました。 自分語りで申し訳ありません。でもfujeyさんに打ち明け話ができて、少し前に進めたような気がします。 またブログ楽しみにしています。
    1. fujey says: Reply
      九九さんへ。 ご心配していただきましてありがとうございます。そのお気持ちが何より嬉しく、本日合間を縫って新しい記事を更新いたしました。 元気にやっている様子を垣間見ていただけると思います。 愛犬の最後を自分の腕の中で看取れるのは本当に幸せな事です。なかなかそうやって看取ってあげる事ができる飼い主さんは多くは無いと思います。 色々と後悔していらっしゃるようですが、逆にワンちゃんからすると九九さんが一生懸命に作ってくれたご飯を上手に食べる事が出来なかった事を悔やんでいるかもしれません。 「自分は良い飼い主だったのか...もっとこうしてあげれば良かったのでは...。」と疑問を持ち未だに後悔しているなら、是非こう考えてみてください。ワンちゃんが「自分は飼い主にとって良い犬だったのか、もっと良い子にすれば飼い主を困らせることはなかったのに。」とずっと後悔していたとしたら、九九さんはワンちゃんにどうやって声をかけますか?きっと「そんなことは無いよ。あなたは素晴らしい犬だった。」と言えるはずです。きっと後悔している九九さんの姿をワンちゃんが見たら同じことを伝えてくれるはずでしょう。喉のつかえを是非旦那様にも伝え、1日も早くワンちゃんを安心させてあげてください。それもまた、飼い主の愛情だと私は考えています。 寿命ある生き物、限られた時間を全力で全うする姿は私たちも見習わなければいけませんね。 九九さんのお気持ちが楽になるのであれば、いつでもどんなことでもご相談くださいね! お互い元気に素晴らしい人生を過ごしましょう!
      1. 匿名 says:
        fujeyさん、心優しいお言葉ありがとうございます。 お慰めに来たのに、逆に慰めていただきました。 本当にそうですね、愛犬は私を大好きでいてくれていました。 仰る通り夫にも話して、また少し前に進んでみようと思います。 新しい記事、これから拝見します!ありがとうございました。
  4. 雅子 says: Reply
    最近読んでいなかったから読みに来たら訃報に驚きました。まだまだ信じられないと思いますが体調に気を付けてください。自分も今は小型犬を飼っていますがふと思い出します。亡くなった日とその時間を でも生きていかなければならい。また美味しいレシピ・素敵な時間のブログが見れることを願っています SucreちゃんLukeちゃんうちから逝ったゴール爺さんとアグゥおじさんががうがうするとは思いますが仲良くしてくださいね
    1. fujey says: Reply
      雅子さんへ。 返信が遅くなり申し訳ございません。 お気遣いのコメントをいただきましてありがとうございます。 命あるものには必ずこの時が訪れます。それがどんな形であろうと受け入れなくてはいけませんね。。 みんな仲良く楽しく過ごしていることでしょう! 近々このブログも再開しますので、楽しみにしていてくださいね!
  5. Yumi kubota says: Reply
    fujey 様 悲しいお知らせですね。胸が痛いです。久しぶりに拝見してびっくり。いつも楽しみにしてたのですが・・・。 私も犬を飼っていて、いつかこの日が来ることを心に留めているのですがなかなか・・・。中型犬ですがうちは8歳。それを考えると本当に短すぎる。長い闘病生活を送らないようにとのLukeちゃんがお迎えにきてくれたと私も思います。 Sucreちゃんのご冥福をお祈りいたします。きっとLukeちゃんと一緒に遊んでるでしょうね。
    1. fujey says: Reply
      Yumiさんへ。 楽しみにしてくださっているのに悲しいお知らせをしなくてはならずに申し訳ないです。。 8歳でしたらまだまだ元気に走り回っている年齢ですね?羨ましい!! いつか来る日のことはあまり考えず、どうかワンちゃんとの生活を楽しんでくださいね! 心温まるコメントをありがとうございます。
  6. TAKE says: Reply
    初めて書き込みさせて頂きます。 いつもfujeyさん御夫妻がSucreちゃんを本当に大切に愛おしんでおられるのを読ませて頂いていたので御心痛と存じます。お悔やみ申し上げます。 自分も糖尿病を患った黒柴の女の子を飼っていましたが、逝ってしまった時に大きな穴が開いたような気持ちになりました。散歩で通った路を歩くとひょこっと出てくる気がしたり。 ワンちゃんを家族に迎えると人間だけの生活では見えない景色に沢山出会えるのだなと実感しました。そして最期まで家族として見送ることの大変さと大切さ。 月並みではありますが、いつか虹の橋の向こう側でfujeyさん御夫妻とLukeちゃん、Sucreちゃんが再会出来ることをお祈り申し上げます。
    1. fujey says: Reply
      TAKEさんへ。 コメントをいただいたのに返信が遅くなり申し訳ございません。 Sucreが逝ってしまってからは、”ハート”ってここにあるんだな...っとしみじみと感じているのに、庭でくつろいでいる時いつも私に寄りかかっていたあの重さを感じない、仕事をしている時いつも私の足の上に寝ていたあのシビレを感じない....。 そんなことはおかまい無しで、今頃Lukeと楽しく走り回っていると思います。 TAKEさんのお心遣いに感謝いたします。ありがとうございました。
  7. Sonny says: Reply
    突然の訃報に大変驚いています。以前飼っておられたラブラドールを看病されている頃からこちらのブログを拝見しておりますが、Sucreちゃんが同じ日に亡くなられたことにもまた驚きました。間違いなくLukeちゃんの生まれ変わりだったでしょうね。 Sucreちゃんもfujeyさんご夫妻からたくさんの愛情をもらい、またお二人にかけがえのない時間をくれたことと思います。いつも前向きな姿勢のfujeyさん、この深い悲しみから抜け出すのは容易ではないと思いますが、また素敵なライフブログを書き綴ってくださるのを楽しみにしています。
    1. fujey says: Reply
      Sonnyさんへ。 励ましのコメントをいただきましてありがとうございます。 大勢の人々に愛されていたSucreを思うと涙がこぼれますが、いつものように前向きに生活しております。 これからもブログを読んで楽しんでいただけると嬉しいです。
  8. yummy says: Reply
    Fujeyさん。突然のことで・・・私もショックです。 最期、家族で一緒に過ごせたこと、そして苦しみが長引かず、天国に召されたこと・・・  それにしても早すぎます。 私は犬が大好きで、でも今の環境では迎えることが叶わずいつもここに来てScreちゃんの姿に癒されていたんです。 Sucreちゃんが虹の橋を無事に渡って行けますよう(きっともう着いているかな?)お祈りし申し上げます。 そしてFujeyさんご夫婦の悲しい気持ちが、日々少しずつでも癒されますように。 心より。
    1. fujey says: Reply
      yummyさんへ。 心癒されるコメントをいただきましてありがとうございます。 いつかまたLukeやSucreのような家族を迎えられると良いのですが、今はしばしSucreとの思い出に浸っていたいと思います。 何一つ私たちの手を煩わせることがなかったSucreですが、毎日の餌やりにトイレ、シャンプーや爪切りに歯磨きと耳掃除。これが無くなるとやはり不思議な気分になります。 皆様の優しいお言葉を励みに、また楽しい生活に戻りたいと思います。 頻繁にコメントをくださるyummyさん、また是非遊びにきてくだださいね!
  9. chiaki says: Reply
    fujey様、いつも楽しみに拝見させていただいています。 まずは、心よりお悔やみを申し上げます。 体調悪そうなそぶりを見せなかったsucreちゃん、 美しい毛並みとキラキラ輝く可愛い目、 fujeyさんと旦那さまを見上げるしぐさ、 それはそれは大切な存在であったことと思います。 Lukeちゃんが連れて行ってくれたんだ、というお話にも涙してしまいました。 しばらくは、お部屋にsucreちゃんの残り毛が見つかったり、 急に匂いを思い出したりすることがあると思います。 その度に手が止まることもあるかと思います。 どうか元気を取り戻して、そして美味しいお料理の美しい画像をアップしてくださいね。
    1. fujey says: Reply
      chiakiさんへ。 chiakiさんのお心遣いに感謝いたします。 大勢の方々から励ましのコメントをいただき、また友人、家族、そしてご近所の方々からはたくさんのお花とお悔やみをいただき、Sucreがいかに人気者だったかをひしひしと感じております。 どうにもならないこの胸のつかえが少しずつ楽になってきており、キッチンで過ごす時間も長くなりました。 Sucreがいなくなり更に食べ物ネタばかりとなりますが、また時々覗いてみてくださいね!
  10. lala says: Reply
    6~7年前からひっそりblog読ませていただいていました。始めてコメントさせていただきます。 まさかの記事に思わず「えっ!」と声が出てしまいました… まだまだ若すぎます…突然すぎます… 私も8年前9才だった黒ラブとお別れしました。大型犬の存在感、人懐っこい性格、人間のように感情丸出しの表情… 今でも毛の手触り覚えています。 涙が出なくなるまでには時間が必要でした。 fujeyさんと旦那様のお気持ちを思うと言葉がありません… ただ、これだけは言えますよ!何年もblogを拝見していた私から見て、Sucre(呼び捨てでゴメンナサイ)は最高の家族と出会えて、最高に幸せな生涯だったって!きっと今ごろ天国でLukeと楽しく遊んでいると思います! どうか1日も早くFujeyさんと旦那様の悲しみが癒えますように…
    1. fujey says: Reply
      lalaさんへ。 あくびや寝息、寝返りや足音、体をかく音、何から何まで人間と同じ存在感な大型犬がいなくなった家に一人でいると、シーンと静まり返った空間にいるのが耐えられず。。Lukeを失ってからは1日中ラジオをかけていないと過ごせなくなくなりました。 大切な家族を失うのが2度目の経験ということもあり、泣き続ける日々ではなく今は冷静にSucreの思い出に浸っております。 lalaさんのおっしゃるとおり、きっとLukeと天国で走り回っていることでしょう。 心温まる励ましのお言葉を頂きましてありがとうございました。 これからも是非たわいもない我が家の様子を覗きに来てくださいね!
  11. TOM says: Reply
    この度はとても残念な記事で私も他人事とは思えずとても落胆しております。心よりご冥福をお祈り申し上げます。 以前ラブラドールを飼っていたのですが、亡くなった時はこんなにも辛いものなのかとなかなか立ち直ることができませんでした。おっしゃるように大型犬がいなくなった後のポッカリと空いた空間に耐えられず、二度と飼うことはないだろうと思っていたのですが、現在2歳になるラブラドールを飼っております。fujeyさんのように既に心の準備は出来ているつもりですが、いざその時になったら耐えられるかどうか自信はありません。 どうかfujeyさんご夫妻にまた素晴らしい出会いがありますよう心より願っています。
    1. fujey says: Reply
      TOMさんへ。 大型犬を飼っている方で同じ経験をした方には、この喪失感がいかに大きなものかを共感していただけるので、励ましのお言葉をいただき感謝しております。 中・小型犬を飼っていらっしゃる方々にとっても悲しみは同じなのはわかっているのですが、、、。 二度と飼うことは無いと思っても、動物と暮らす日々の幸せを知っているのでやはりまた飼いたいと思うものですよね。。 いつか素敵な出会いが訪れることを願っております。
  12. サッチー says: Reply
    毎回の更新を楽しみにしていたのですが、しばらく更新されていらっしゃらなかったのでお忙しいのかな、、っと思っていました。突然の出来事で大変ショックです。心からお悔やみ申し上げます。 動物を飼ったことはありませんが、大切な家族を失った時の喪失感は計り知れないことを存じております。 思いがけないことでさぞかしお力落としのこととお察しいたしますが、文中にも書かれておられるよう、素敵な思い出を胸にご家族が元気を取り戻せますようお祈りしています。
    1. fujey says: Reply
      サッチーさんへ。 励ましのコメントを頂きましてありがとうございます。 バタバタと忙しい毎日を過ごしておりますが、ふとした瞬間に蘇るSucreとの思い出に手が止まることが度々あります。 Sucreのためにも早く元の生活に戻ろうと前向きに、そしてまたこのブログもいつもと変わらずブツクサと書き綴っていこうと思いますので、これからもたまに覗いてみてくださいね!
  13. aki says: Reply
    fujey様 いつもSucreちゃんのお写真を見るたびに、何て可愛らしいワンちゃんなんだろう!と思っておりました。突然のご不幸にお悔やみ申し上げます。どうか、気を落とさず、fujey様、そしてご主人様共にお身体に気をつけてください。Sucreちゃんの安らかなご永眠をお祈りいたします。
    1. fujey says: Reply
      akiさんへ。 本当に突然の出来事で未だ実感がわきませんが、元の生活に戻りつつあります。 お気持ちのこもったお悔やみのお言葉と、お気遣いを頂きましてありがとうございます。

Leave a Reply