栗拾い

イチゴ狩り・ぶどう狩り・さくらんぼ狩り・桃狩り・みかん狩り・潮干狩りなどなど”○○狩り”に目が無い我が家。先日は秋も深まる中栗拾いに行ってきた。
私は子供の頃よく近所の栗畑に栗拾いに行ったけど、旦那は初体験。
旦那:「栗拾い楽しみ〜!」っとウキウキでBBQ用のトングと軍手を持参していざ栗農園へ。入園料¥500でぶどう狩りも出来るけど、今回は栗に的を絞ってひたすら拾ってきました〜。

地面に落ちてパカっと口を開けたイガイガを足でムギュっとやると、中から立派な栗が顔を出す。そいつをトングでつまんで取り出す…って感じ。その場で食べられないけど作業自体は”○○狩り”の中ではかなり楽しい部類です。

プックリ丸々太った栗達をどうしようか…っと考えて、シンプルにロースト&栗おこわに。

拾った栗は¥90/100gで購入します。なので夢中になって拾いすぎると結構な金額になる。我が家は2人合わせて約1.8kg(¥1,620)収穫。栗なんて買ったことないから安いんだか高いんだか…。

栗と言えばいつも母親が調理(?)してくれていたので、何から始めれば良いのかわからず。。ネットで調べたら”圧力鍋に放り込んでしばし加熱すると皮が剥きやすくなる”とあったのでやってみた。
おっ、こんなに簡単に渋皮まで剥けちゃうんだ〜。

ロースト用の栗達は鍋から出して頭の部分に十字の切り込みを入れ、ベーキングシートにバラバラっと並べてオーブンへ。じっくり低温で焼き上げるとホクホクがたまらんおやつになります。

栗おこわの方はもち米のみで炊くのが初めてなのでちょいドキドキ。結果は味は美味しいけどべっちゃりしてて栗の風味が物足りず…皮むきの段階で手を抜いたのがまずかったね。風味が全部流れ出ちゃったきがする。。
で、すぐに新しい栗を買ってきて再チャレンジ。今度はちゃんと生のままで皮むきした。

パーリングナイフで普通に鬼皮→渋皮と剥いたら、20個の栗達があっという間に綺麗に剥けた。子供の頃母親が山盛りの栗を前にテレビを見ながら皮むきを同じようにしていたのを思い出した。やっぱりこれが一番だ。
私:「こんなに簡単に剥けるのになぜみんな面倒くさがるんだろう??」
旦那:「普通の人は同じ作業の繰り返しは嫌いなもんだよ。」

栗は綺麗に剥けたけど肝心なもち米はやっぱり前回とあまり変わらずべっちゃり….。水の量とかもっと研究しないといかんです。でも栗の風味はしっかり出てていい感じ。美味しく作りたいなら手を抜いたらいけないね〜。

2 Comment

  1. 匿名 says: Reply

    こんにちは!いつも素敵なライフスタイルを見せて頂いております。とても勉強になります。さて、実は私は実家が穀類を扱う店をやっていてそこで今働いております。「栗おこわ」ですが、とても美味しそうな栗なのにもち米と炊き上げたらべちゃっとなったとの事。勿体無いですね。邪道かもしれませんが、ふつうのうるち米にもち米を入れる程度にして炊かれたら良いかもしれません。ふわっとした口当たりでとても美味しいですよ。
    良い産地のしっかりしたお米を使うのもポイントだと思います。

    1. fujey says: Reply

      匿名さんへ。
      はじめまして。こちらこそアドバイスいただいて勉強になりました!
      普通のうるち米&もち米を使った炊き込みご飯は毎回うまく炊けるのですが、今回はもち米のみでうまく炊けるようになりたかったので若干苦戦している次第です…。圧力鍋で炊くとベチャッとなりがちだとよく聞くのでこれを改善したく。。普通のお米自体2〜3か月に一度しか炊かないので毎回感覚が鈍っちゃうんですよね〜。
      参考になるご意見ありがとうございましたっ。

Leave a Reply