年末のCooking Class 2020

1ヶ月に一度開催している我が家のCooking Class。昨年12月は友人経っての希望で2回開催。

Potatoes Au
チーズたっぷりドロッとしたテクスチャーのいわゆる”洋食メニューのグラタン”とはちょっと違う、本場フレンチなレシピです。チーズ無しでさらっとしている&ポテトたっぷりでホックリ。なのでついつい食べ過ぎてしまいます…。


1973年のNew York Timesに掲載されたアメリカン・クラッシックなレシピ。材料と作り方はとってもシンプル。

ゴロゴロっとたっぷりリンゴとラムが効いたレーズン。ボリュームがあるのでブレックファーストにもピッタリね。
友人:「うわ〜っ!この食感といい味わいといい、初めての感動〜!」っと大喜び。サクっとしているけどしっとり系。我が家では冬によく作るケーキです。

Stroganoff
ロシアンメニューなビーフストロガノフ。日本ではデミグラスソースやトマトを使った”赤いシチュー”になってしまったけど。。
友人:「お〜い〜しぃ〜!今まで食べてたのはなんだったの〜?ハヤシライス?」
私:「うん、アレはアレで美味しいけどね、Beef Stroganoffとは違う食べ物だよね。」

Russian Shortbread Cookies
で、オヤツはロシアつながりで…サクホロなショートブレッドの中に煮詰めたリンゴ(Apple Filling)がたっぷり。これまた友人感動の初体験。かじった写真を撮り忘れたので今度紹介します〜。

Coq au vin
この日のメインメニューはフレンチ。たっぷり赤ワインとジューシー&ホロホロなchickenが最高に美味しい。ビストロ感溢れてなんだかオシャレなテンションになります〜。

Crostata Di Ricotta
デザートはイタリアンスイーツ。これでもかっ!てくらいのRicotta Cheeseを使ったフィリングを詰め込んで焼き上げるパイで、見た目は甘そうだけど砂糖は400g近いフィリングに対して40gほど。MascarponeよりさっぱりしているRicottaを使っているのでパクパクいっちゃいます。

ちなみに、Cooking Classで作るメニューは、メインとデザートを合わせて約3時間以内で作れるもの(最短で30分)。キャッキャとお喋りしながら作業は進み、のんびりランチタイムを楽しんでから食後のデザートへ。午前中からスタートするのだけど、毎回話がはずむので終わるのは午後3時〜4時ぐらい。
好きな食べ物、料理の会話で丸一日楽しい時間を過ごします。

オマケ:
以前紹介した我が家のJalapeño

種から育てたのでちょっと収穫時期がズレてしまい。。すっかり寒くなってしまったおかげで、たくさん実は生っているものの成長が止まってしまいました。。

なので今年収穫でたのは25個ほど。でもピクルスにしてポリポリ楽しんでます。今シーズンはたくさん収穫したいので苗から育ててみよう!

コメントを残す