Tomato Garden

とっくにシーズンは終わってしまったけど、2021年の夏は旦那が大事に育てたトマトが大豊作!COVID-19が猛威をふるいだした昨年、ふと思い立って始めた旦那のTomato Garden。初めて植物(作物?)を育てるとあって最初は手探り状態だったけど、今シーズンはイロイロ勉強したおかげでわんさか採れましたっ!

普通サイズのトマト2種(桃太郎・接ぎ木をしたハイブリッド桃太郎)=合計17個
¥80で買った桃太郎の苗は形もサイズも立派なのがたくさん収穫できた。¥380で買った高級ハイブリッド桃太郎は小粒なのが数個採れたけど値段を考えると…。
ミニトマト2種¥280/各(”めちゃなり”トマト・アイコトマト)は合計198個も収穫!
”めちゃなり”だけあって一総にズラリとぶら下がったのがたくさん採れ、アイコも立派なのが鈴なりに出来て毎日せっせと食べました〜。
感想:「スーパーで買ってくるのに負けないぐらい美味しいし鮮度は抜群!」

昨年(2020年)は水をやりすぎたり、肥料をあげすぎたりと可愛がりすぎた旦那。私はこの辺りはわかっているので、見ていて「あ〜、水やりすぎだよ〜。」とか、「やっぱり肥料焼けしてるよ〜。」とか…。
今年は昨年の失敗を踏まえ、水や肥料をあげるタイミングもつかめたらしく、毎日「畑行ってくる〜。」っと嬉しそうに”裏庭”(家の敷地の境界線上に設置したトマトプランター)の様子を見に行く姿を見るのも楽しかった。

そして、ある日ドライブがてら”美味しいトマトの栽培法視察”という名目でトマト狩りに行ってきた。

うわっすごいっ。トマト好きな旦那には夢の空間。○○狩り好きな私もハイテンション。そしてすぐ隣で「イチゴがいい〜っっ!!!!」っと号泣している女の子。。。気持ちはわかる。

10種類以上のトマト(大・中・小)がびっしりと並んで色とりどり&どれも美味しいっ。

スーパーで買うトマトは木で熟してないから柔らかくて&味が薄いけど、やっぱり直接木から食べると全然違う。硬いトマトが好きな私にはたまらんね〜。

出来るだけ生で食べた旦那のトマト。でもせっかくだからRatatouilleにしてみた。

旦那の愛情がたっぷり詰まったトマトはプライスレス。最高に美味しい夏の一品になりました。
手間や時間がかかっても、自分で育てたものは何でも美味しいっ。次回は私のTest Kitchen Gardenも紹介します。

8月のCooking Class
Grilled Marinade SaladとButter Cream Cake

シンプルにレモンでマリネしたチキンとフレッシュなグリーン&トマト。Sourdough Dinner Rollsの風味もマッチして、 Squashのポタージュが食欲そそります。暑い時期のButter Creamはとにかく手早く作るのが鉄則。おっとり屋さんな友人がチコチコやっているうちにバターがどんどん溶けて….でも美味しいからOKだねっ。

Morning Ride : 朝一のツーリングは良いことたくさん。渋滞無いし、気温は低くて清々しいし….

180度とまではいかないけど、それに近い完璧な虹。しかもよく見るとダブルだっ!!これからどんどん秋も深まり、ツーリングにも最高なシーズンが始まります。
我が家は早い時期にワクチン接種を済ませ2人ともほぼ無症状(私は打ったことも忘れてた)。10月1日から緊急事態宣言も解除されたので、徐々に元の生活に戻れると良いですね〜。

コメントを残す