粉物たくさん

週3回は必ずお菓子を作りますが、そのほとんどが小麦粉を使った焼き菓子です。”お菓子”と言っても我が家のはあまり甘くないので、食事と共に楽しめるメニューが多い。

すり下ろしたリンゴとリコッタチーズがたっぷりなLouisa’s Cake。

20160528_2461008

リンゴのほのかな酸味とクリーミーなリコッタが癖になる、ブレックファーストから夜のオヤツタイムまで万能なケーキです。

こちらもリコッタチーズが入ったStrawberry Ricotta Muffins。

20160528_2461009

香ばしいアーモンドミール&全粒粉、フワフワなリコッタチーズとストロベリーは食事よりもオヤツ向き。

朝一でもサッと焼けるのでマフィンは朝食にピッタリなメニュー。

20160528_2461010

コーンミール&ベーコン、フレッシュコーンとメープルシロップのほのかな甘みが食欲そそる。カリフワなフライドエッグにもよく合います。

ゴロゴロなリンゴとカレンツ。100% (中力粉)を使ったマフィンは腹持ちが良いのでランチ用お弁当としてもGood。

20160528_2461011

砂糖については”お砂糖いろいろ”で紹介しましたが、今度は粉類(小麦粉)についても詳しく紹介したいと思ってます。

ブルーベリーやパイナップル、リンゴにバナナにストロベリー。必ず何かしらフルーツを常備しているので、マフィンに入れる材料をわざわざ買ってこなくてもOK。その日ある物をブチ込みます。
”スポンジケーキ”のカテゴリーに入るパンケーキは、オヤツに登場することは無く必ず朝に食べます。流行りのパンケーキ屋さんでは¥1,000以上するリコッタチーズパンケーキだけど、自分で作れば数百円でたらふく食べられる!
我が家では10年以上慣れ親しんだメニューなので、コレが流行り出した時はびっくりした。。

20160528_2461012

甘すぎて外では絶対に食べることがないブラウニー。
砂糖はレシピの1/4でもバナナをた~っぷり使えば、あのネッチリ感と濃厚さは楽しめます。ナッツもたくさん入れてリッチなバナナブラウニ~。

さて、ここで告知を一つ。
2006年2月から始めたこのブログが今年で丸10年を迎えました。
家作りの思い出&記録のためだったのに、今ではすっかり食べ物ネタしか無くなってしまいましたが、これからもいろいろ書き綴って行こうと思ってます。
そこで、只今リニューアルのために新たな計画を練っています。毎回ご希望の多かったレシピも公開するかも?!(考え中)
公開時期はまだわかりませんが、夏前には…っと考えていますのでお楽しみにっ。

コメントを残す