BagelsとBoston Cream Pie

最初はいろいろと問題があった我が家のSourdough Bagelsですが、ああだこうだと試行錯誤して最近はそこそこ上手く焼けるようになってきた。

レシピ(配合)は同じでも毎回ちょっとした変化(捏ね方、茹で時間、焼き時間)で出来上がりが全くの別物になり、そんな違いを焼くたびに楽しんでいます。

シワが寄りがちだった表面も、最近はぷっくりツヤツヤを保てるようになりました。

食べる時にトーストすることを考えると、次回はもうちょっと焼き時間を短くしてみるか?

更に肉厚&もっとも〜っとハードな噛み心地に持っていきたくて、1個サイズを100gにしたのだけどやっぱりまだ足りない。次回は本場同様思い切って120g以上にしてみようっ。

クリームチーズたっぷりにサーモンのLOX。Sourdough香るヌチヌチなBagelsで幸せBreacfast。

・Boston Cream
見るからに甘くてヤバそうなケーキBoston Cream 。アメリカで見かけても絶対に手を出すことはなかったんだけど…。今年のGolden Weekに訪れたBostonで本場の本物を食べたらね…メチャクチャ美味しくて感動。

元祖Boston Cream Pieを生み出したParker House Hotel(現在はOmni Parker House)のを食べたかったけど、時間の関係で地元で美味しいと評判のPastry Shopでチャレンジ。思っていた”激甘”なケーキではなく、ほんのり甘いPastry CreamをこれまたほんのりなYellow butter cakeでサンドして、Bitter Chocolateのグレーズでコーティング。

帰国後早速、Parker Houseのレシピから砂糖をかなり減らして作って旦那とホッコリ。ウチではBoston creamといえばDonutsだけど、まさかコレを自分で作るとは思わなかった。。

シンプルな材料でシンプルな作り方。

そして味もいたってシンプル。 Glazeを失敗してしまったのでなんだかモッサリしたコーティングになったけど、それでもものすごく美味しくて大満足。

こんなに簡単&美味しくできるなんて予想していなかったBoston Cream 。間違いなく私のレパートリーの仲間入りですっ。お次はParker House Rollsにチャレンジだねっ!

コメントを残す