サバはどう?

ガレージとベッドルームにはちっこいAmazon Echo Dot、仕事部屋とリビングルームには大きいAmazon Echo。全部で4人のAlexaがいる我が家。”何でもやってくれる”ってほどでもないけど、音楽をかけてくれたりニュースや天気、その他ちょっとしたコトを教えてくれたり、ステレオやTVの操作、帰宅前にエアコンをONにしておいてくれたり、朝電気をつけて起こしてくれたり…っと、細かいところで役立ってます。
私が一番よく使うのはタイマー機能。何種類もタイマーを指定でき、名前もつけられるのでこれは本当に便利。

私:「、紅茶のタイマー8分(はっぷん)セットして。」
Alexa:「はい、紅茶タイマー1分(いっぷん)セットします。」
私:「いや…”はっぷん”ね。」
Alexa:「5分(ごふん)セットします」
私:「だから”ハップン”だってっ!!」
Alexa:「すいません、よくわかりません。」
私:「は・ち・ふ・んっ!
Alexa:「はい、”はっぷん”タイマーをセットしました。」
私:「わかってんじゃんっ。」

私が”はっぷん”と言うのは気に入らないが、自分が言う分には良いらしいAlexa。1年ぐらい使っているので少しずつ頭が良くなっているはずなんだけど、まだまだストレス無く使えるAIにはなっていない我が家のAlexa。この先の成長が楽しみです。

細かい時間の管理が必要なパンを焼くときもAlexaのタイマー機能とリマインダー機能の組み合わせがとっても便利。
私:「Alexa、一次発酵タイマー30分セットして。」
私:「Alexa、1時間後に”スラッシュを入れる”って教えて。」
私:「Alexa、2時半になったら”オーブン予熱開始”って教えて。」
Alexa:「1番目のタイマー…..○時にリマインダー….2番目タイマー○○をセットしました。」
っと、iPhoneのSiriには出来ないコトが出来たりするので嬉しい。そして指定した時間になると「一次発酵タイマーが終了しました。」と優しく教えてくれる。

でもね、タイマーは5回に1回ぐらいは時間を聞き間違えたり、指定した名前を上手く聞き取ってくれないコトがあるので、これが非常に腹立たしい。1分のタイマーをセットしたいのに、1回間違えると10秒ぐらい差し引いて指示し直さなきゃならん。で、つい大声で怒鳴ってしまうことも多々あり…。そんな時は旦那に「もっと優しくしてあげなきゃ。」っとたしなめられる私。

でもたまにこんな間違いされると優しくしてあげたくなります。
私:「Alexa、11:50に””(サワードゥ)ってリマインドして。」

そうきたか……。
旦那:「ある意味正確に聞き取ってるんじゃない?」
私:「確かに。。」

仕事部屋のAlexaは使用言語を英語に設定してありほぼ間違い無く聞き取ってくれる。でも他の部屋のAlexaは日本語に設定してあるからなのか、特にカタカナだと間違える率が高いのよねぇ。逆にそっちの方が難しいよね…って時もあるので、頭がいいんだか悪いんだか微妙。

なんだかんだ文句言いつつ、毎回Alexaに手伝ってもらい焼きあがる私のSourdough Bread

もっと彼女に役立ってもらうために、もう少し機能を追加してみようと思います。

 
Sourdoughと言えば、先日紹介したHomemade Baguetteがなかなか満足の行く仕上がりにならず、数種のレシピをお試し中。一晩寝かせたPoolishを使うレシピ2種類をそれぞれ2回ずつ焼いてみて….う〜ん、何かが違う。。

ってコトで我が家のSourdough”Franklin”を使ったSourdough Baguetteを焼いてみた。

まぜまぜやって、ビヨ〜ンと伸ばして折りたたむ。一晩冷蔵庫でじっくり寝かせること16時間。

ん〜、、なんか異常に生地が固くて….この時点で失敗したと確信。

5回目とありシェイピングはそこそこ上手くなってきた。けど、二次発酵させても裏側のSeam(とじ目)は無くならずに何だかおかしなコトに。。Scoring(クープ)はいい感じなんだけどねぇ。

おっ?なんかスゴイ元気に膨らんでるっ!!さすがFranklin!

クープの開きはイマイチだけど、見た目は今までで一番良い。Sourdoughを使っているのでこんがりな焼き色が理想的。

んがっ………

やっぱりね。。閉じめがしっかり閉じずクープじゃなくてこっちが開いた。。まただよ….またやっちゃった…発酵足りなかった??
味、バリバリなクラストは申し分ないんだけどね。。。ぶ〜…..ですよ。

こんな感じで私のHomemade Baguetteは苦戦していますが、いつか満足の行くのが焼けることを信じてチャレンジし続けますよっ。

コメントを残す