Cast IronのSeasoningとReseasoning

New Recipe3種を公開しました!

さて、、私のCast Ironにまたまた新しい仲間が加わりました。
スキレットは9″( inch)しか持っていなので、もう一回り大きいのが欲しいなぁ〜っと思っていたんだけど、大きくなるとハンドルの反対側にフック(?)が付く。
普通の女性は持ち上げるときこのフックとハンドルの両方を持つんだと思いますが….カバー(フタ)つきの9″(3.5kg)を片手でヒョイと持ち上げるフツーじゃない私にはコレがかなり邪魔なのです。。

そんな”フック”のおかげで長年見送ってきた大きいサイズのスキレットですが、ある時ふと思った。「….邪魔なら切っちゃえばいいんじゃん?」ってコトで購入したのはLODGE Rust Resistant 11 inch Cast Iron Skillet。アメリカの庶民派デパートMacy’sと老舗Cast IronメーカーLODGEとのコラボ商品。なのでMacy’sのみで販売しています。

5405

上の写真がBefore。で、下のがAfter。カットした跡がうっすらと残ってます。コレなら調理中も収納するのも邪魔にならずパーフェクト!
Macy’sのウェブサイトで発注($35.75だった)→友人Emazoが店に取りに行ってくれた→アメリカ人の友人(Jay)に「邪魔だから切っちゃって〜。」っとお願い→Emazoが10月に帰国した時持ってきてもらった。っと言う、購入価格以上に手間をかけてしまったので、手元に届いた時は感無量。友人2人の優しさはプライスレス!

Jayは綺麗に切断して磨き上げ、おまけに耐熱塗装までしてくれたんだけど….。シーズニングするから意味が無かったかも。。ごめんよっ。

5404

左がシーズニングBebore、右がAfter。
LODGEは最初からシーズニングしてあるし、特に今回購入したスキレットは食洗機に入れてもOKってのがウリなんだけど…。うっすらコーティングされてる感じがイヤなのでリシーズニングします。

美しく黒光りしたスキレットを使うのは気持ちがいいもんです。強火でガツっとね。

5406

うんうん、こびり付かないけどしっかり焦げ目は付いていい感じ。フライパンはね、この”しっかり焦げる”ってのが重要なんですっ!

最初に作ったのはお馴染みBolognese。赤身の牛挽肉をじ〜っくり炒めてカリカリに。

5436

旨味たっぷりな肉とトマトに自家製フェットチーネがたまらんですっ。

でね、なんで普通のLodgeにしなかったかと言うと、通常のラインナップに欲しいと思っているジャストサイズがなかったから。
・9″は直径22.5cm深さ4.5cm。小ぶりだけど深さがあるので使い易い。
・1つ上のサイズ10.25″(直径25.7cm・深さ4.8cm)だとあまり変わらない。
・2つ上のサイズ12″(直径30.5cm・深さ5.2cm)はちょいデカいし深すぎる。

いつものようにスキレット1つ買うのにも散々悩んで探しまくっていたら、Macy’sで直径28cm深さ4.2cmの11″を発見。大きくなっても深さは9″と変わらない物を探していたのでバッチリですっ!しかもOnly at Macy’sだけど使い慣れたLODGE製。

5435

手前が9 inchで奥が新しい11 inch。ハンドルは形状がちょいと違うけど長さは9″とほぼ同じ。こだわり抜いて選んだだけあり、抜群な使いやすさと見た目で大満足ですっ。

でね….新しいスキレットをシーズニングしたら、使い込んだ9″も綺麗にしたくなった。

5439

基本スキレットは洗剤で洗うコトはないのだけど、先日あろうことか金属ブラシでゴシゴシやってしまった。おかげで長年育てたコーティングが剥がれてボロボロに…。
これはね、ザラザラな表面にオイルコーティングが重なっていくのでいつかはブチ当たる現象なんですよ。

で、この際スムージングもしちゃおう!!….ってコトでやりました。

5437

ガリガリ〜ウィ〜〜ン!表面の凸凹をサンディングしてツルッツルに。これで更にNonstick(こびり付かない)になります。

オイルをヌリヌリオーブンで3時間。

5434

美しいSmooth Skilletの完成〜。
この状態で売っているスキレットもあるんだけど、どれも高価。。LODGEがなぜこの加工をしないのかと言うと、手間と時間がかかるので低価格で売れなくなるからだそうです。なのでアメリカではこのスムージング作業を自分でやる人が結構いる。

テフロンなど表面に加工を施したフライパンは強火に弱く数年でダメになってしまう(安い物は1年もたない)。私が使っている”炒め物用”のCalphalonも2年に1度買い換えてるけどこれなら一生使えます。

5431

目玉焼きもスルスル〜と滑って気持ちいい。最後は強火でカリッと焼き上げて焦げ目もバッチリ。スムージング前もノンスティックだったけど、更にフワフワ&カリカリになって美味しい〜。

またまた長くなったけど、私の可愛いCast Ironの紹介でした。

8 Comment

  1. kiki says: Reply

    いつもステキなセンスと暮らしに憧れつつ、楽しみにブログを拝見させていただいております。
    初歩的な質問で大変申し訳ないのですが、美味しそうなお料理のレシピを公開なさっているようなのですが、どうしてもレシピが見られるページを発見出来ずにおりまして…
    どのページで紹介なさっているのでしょうか。教えていただけますと、ものすごく嬉しいです。
    よろしくお願い致します!

    1. fujey says: Reply

      kikiさんへ。
      コメントいただきましてありがとうございます。kikiさんがどのような環境なのかわかりませんが、通常ならトップページに表示されています。PCやスマートフォンの各メニューからや、ページ下部の”fujey’s dish”からもご覧いただけます。また分からなければコメントくださいね!

      1. kiki says:

        ご返信ありがとうございます!大変失礼致しました。こちらの環境の問題だったようです。携帯や、Safariだと表示されました。
        教えていただけて、嬉しかったです。参考にして、ステキな料理に挑戦します。
        これからも楽しみにしています。

      2. fujey says:

        kikiさんへ。
        無事に表示されて良かったです〜。是非楽しんで下さいね!

  2. Tony says: Reply

    新しいレシピ待ってました!!どれも今のシーズンにピッタリなメニューで感激です。
    何にでもこだわりを持っているfujeyさんは素晴らしい!なかなかここまでこだわり派な方っていないと思いますが、全てにおいて人生楽しんでいらっしゃるのが伝わってきます。私はあるもの、与えられた物で適当に済ませ生きて来たので、来年は何かにこだわってみようと思います。
    これからもこだわりの一品を紹介してください。楽しみにしています。

    1. fujey says: Reply

      Tonyさんへ。
      レシピ喜んでいただいて良かったですっ。
      ここまでこだわりが多いと何をするのも大変ですが、人生楽しいことは間違いないです。またヘンなこだわりを紹介しますね!

  3. やにょん says: Reply

    とっても丁寧にシーズニングしていらっしゃいますね。
    滑らかでピカピカ‼︎
    こんなに本格的な方法…私も調べなくっちゃ。
    Cooking recipeありがとうございますっ
    Cocoaのスパイスが思ったよりもシンプルで意外な感じがしました。
    いままで何も加えずMilkのみだったので興味津々です。
    さっそく作ってみますね‼︎
    ありがとうございます。

    1. fujey says: Reply

      やにょんさんへ。コメントありがとうございます。
      スムージングはかなり大変な作業ですが、頑張った甲斐ありましたっ。
      いろんな種類のスパイスを入れるチャイとは違い、ココアはシンプルながら劇的な味の変化を楽しめるので是非飲んでみてくださいね!

Leave a Reply