Recipe Note

Ingredients

普段使用している材料の紹介です。

必ずしも同じものを使う必要はありませんが、スポンジの膨らみ具合や色合い、食べた時の舌触りと食感、フワッと鼻から抜ける風味など、同じレシピでも良質な材料で作ると全く違うものになります。五感を刺激して幸せいっぱいになりましょう!

長期保存できる材料はアメリカで買ってきたり、iHerb(紹介コードはFJH907)やAmazon.comで購入してます。
使用するブランドは”必ずここの!”というこだわりはあまり無いのですが、一応お気に入りを載せてあります。また、リンク先ショップで必ず購入しているわけではありませんが、手っ取り早いところにジャンプしますので参考にしてください。

新しい材料は随時追加していきます。

 

  • - Flour - 小麦粉

基本はAll Purpose Flour(中力粉)。スポンジケーキなど軽い仕上がりにしたい時はCake Flour(薄力粉)。パイやクッキーなどサクサクしたものはPastry Flour(All Purpose FlourとCake Flourと半量ずつ混ぜてもOK)。Whole Wheat Flour(全粒粉)は作るものによって全量だったり他の小麦粉と混ぜて使います。

 

  • - Sweeteners - 甘味料

甘すぎる物が苦手なので使用する量は少なめです。基本的にクッキングに砂糖は使いません。

 

  • - Baking Aid - その他粉類

ベーキングパウダーに加え、ベーキングソーダも欠かせない材料です。

 

  • - Flavor - フレーバー

バニラエッセンスでは無いのでお間違えの無いように!

 

  • - Dairy Products - 乳製品

健康うんぬんは全く考えていないので乳製品はふんだんに使います。カロリーが気にる方は低脂肪などに置き換えたりせず食べるのを我慢するか、1食抜くぐらいの勢いで挑みましょう!!

  • バター
    クッキングもベーキングもUnsalted Butter(食塩不使用)。仕上がりが全く異なるので出来るだけマーガリンや”バター風”な物では無く100%バターを使ってください。
  • 牛乳
    Whole Milk(成分無調整)です。
  • Butter Milk(バターミルク)
    クッキング&ベーキングによく使うバターミルク。パウダー状のNow Foods, Real Food, Buttermilk Powder, 14 ozなどがお手軽ですが、ヴィネガーやヨーグルト、Cream of tartarを使って自分で簡単に作ることもできます。
  • Evaporated milk(無糖練乳)
    略して”エバミルク”。生クリームよりも軽いのでホイップしない状態ならこちらで代用することもあり。クリームソース、カスタードクリームなどに使います。
  • Heavy・Whipping cream(生 or 純クリーム)
    動物性で脂肪分35%~47%のクリームを使い分けます。”ホイップクリーム”とは泡立てたクリームのこと。植物性の”ホイップクリーム”ではありませんので気を付けましょう。
  • ヨーグルト
    Full Fatのプレーンヨーグルト。Greekヨーグルトもたまに登場。
  • タマゴ
    Mサイズ(58~64g)〜Lサイズ(64~70g)を使います。ベーキングにはLサイズが良いですが、あまり変わらないのでどちらでもOK。新鮮なら赤でも白でも構いません。私はビジュアル的に赤卵が好き。

 

  • - Speces - スパイス

レトルトのルーや出来合いのシーズニングミックスは使わず、スパイスを組み合わせて作ります。種類が多いので、レシピごとに紹介していきます。

 

  • - Herb - ハーブ

スパイスと合わせてクッキングに欠かせない存在。使う種類が多いのでレシピごとに紹介していきます。

 

  • -  Salt - 塩

主にKosher Salt(コーシャーソルト)、Sea Saltを使います。

 

  • - Soup Stock - 出汁

野菜と骨を煮込んで作る”だし汁”です。材料がある時は大量に作って冷凍しておくか、普段はお手軽なパウダー(MASSEL ストックパウダー チキンビーフスタイル)を使っています。