De’Longhi Fully automatic coffee machine

先日我が家の新たなコーヒー事情についてチラリと予告しましたが、今回はタイトルどおり、デロンギの全自動エスプレッソマシンを紹介しようと思います。

De’Longhi ETAM36365MB 別名”プリマドンナXS”。
毎回ガリガリと手で豆を挽いて淹れるアナログFrennch Pressと、ある程度自動でやってくれるCuisinartのコーヒーメーカーから、いきなりフル・オートマチックなエスプレッソ・マシン導入ですっ。

この機種についての詳しい説明はDe’Longhiメーカーサイトを見ていただければわかるので省きますが、ざっと紹介すると…。

基本のエスプレッソはもちろんのこと、ミルクタンクをセットすればボタン一つでお世辞抜きの美味しいCappuccinoやCaffe Latteを作ってくれる優れもの(写真はCaffe Latte)。これがね….ホントにすごいのよっ!この機種に決めた理由の一つが”ラテクレマ・システム”って驚きのテクノロジーが搭載されているから。

アタッチメントを変えればが手動でフォームミルク(フロス?)を作れるのだけど、そんなスキルなんて全く持ってないド素人が”シュワシュワーのムクムク〜”っとやっても当然機械には勝てず…。

写真は自分でシュワシュワしたCappuccino….のつもり…(カップはBodumの150ml)。コレはコレで美味しいのだけど、プリマドンナXSの”ラテクレマ・システム”が作ったミルクが美味しすぎて機械に頼りきってます。
「ラテ・アート??出来たらカッコイイけど、あまり重要じゃないからそのうちね…。」

費用や設置場所等を考え全自動じゃないエスプレッソ・マシンを買うつもりだったんだけど、バリスタ並みに美味しく淹れられるようになるまでは時間がかかりそうだし、拘りだすといろんな道具とか買っちゃって(自動のグラインダーとか)結局余計な出費&スペースを取られるのが目に見えてるし、”ガリガリッ、コンコンッ、ポコポコ〜”ってエスプレッソを抽出する姿はカッコイイけど誰が見てるワケでもないしね…..。

そんなワケで毎回同じクオリティーで飲みたい時にボタンをポンッとやれば、美味しいエスプレッソを淹れてくれる全自動をチョイスしました。ShortからExtra Long、テイストはExtra MildからExtra Strongと濃さも自由自在、オマケにドリップ・コーヒーもどきの”カフェ・ジャポーネ”ってのも淹れてくれ至れり尽くせりなプリマドンナXS(写真はDe’Longhiの190ccダブルウォールグラス)。

De’Longhi Japanでは現在フルスペック及びスタンダードモデルを合わせ7種類の自動エスプレッソ・マシンがラインナップされていますが、その違いを詳しく知るにはショールームに行くのが手っ取り早いってコトで旦那とDe’Longhi表参道を訪問。店長さん自ら数種類のエスプレッソ(コーヒー)を淹れてくれ、各機種の違いなんかも詳しく説明していただきました。

で、最終的に何故この機種にしたかと言うと、先に書いたように素人よりも美味しいミルクを作ってくれるってコトと、我が家にジャストなサイズってのが最大の理由。こんな感じでサイズの確認にも抜かりなく…。

ご存知のように我が家のキッチンには2台のMieleオーブンがあり、コレを設置した時もサイズについて入念に調査したのを思い出しました。で、今回もMieleほどじゃないけど結構似た感じの騒ぎとなりましたよ〜。

・奥行き50cmのカウンタートップに正に”Just fitt”なプリマドンナXS。
・数字上ではカウンターから数cmはみ出るはずだったのに何故かピタリと収まった。
・幅は19.5cmで壁から約2cmしか離さなくても問題なく操作可能(メーカー推奨は5cm)。
・ウォータータンクを背面から引き上げて出し入れするため、マシントップから上方向に40cm以上余裕が必要とマニュアルに書いてあったけど、27cmしかない我が家でも問題ナシ。

など、細かい所のサイズを確認するため2回も表参道のショールームに立ち寄ってしまいました。。
※店長さん、いろいろ相談にのっていただきましてありがとうございましたっ。おかげさまで夫婦2人、美味しいエスプレッソライフを送っております。。

De’Longhiの全自動エスプレッソ・マシンについてネットで検索すると、たくさんの方々がブログ等で紹介してくれていて非常に参考になったのですが、私が一番知りたかった”サイズ感”について詳しく書いてあるサイトがありませんでした。同じコトが気になる方の参考になればと思い、私はそこにフォーカスしてレビューしてみました。(何か質問があればコメントくださいっ)。

オマケ:キャンペーン中でMusettiのコーヒー豆数種をいただきました。今後数回に分けて計10袋以上貰えるようです。

更にこうやってSNSやBlogで紹介することで追加のお豆さん数袋が貰えます。なので半年?一年間?しばらくは豆の心配をする必要ななさそうね。。って言うかこの豆の美味しさにビックリ。

以上、我が家のDe’Longhi ETAM36365MB 別名”プリマドンナXS”の紹介でしたっ。使い慣れてきたらまた詳しく紹介しますっ。

2 Comment

  1. トシ says: Reply
    fujeyさんこんにちは。 まさに僕が考えていた機種と同じですが、値段が高いので決めきれずにいます。 そこそこにミルクを泡立てるスキルは持っているのですが、毎朝出勤前にそんなことをやっている時間がありません。まだ購入されてから日は浅いと思いますが、実際に使われてどうでしょうか?カッコイイfujeyさんのキッチンにしっくりハマっている姿が美しいですね。
    1. fujey says: Reply
      トシさんへ。こんにちは。
      割引後の金額でもそれなりなので購入に踏み込むまでかなり悩みました。下位モデルと比較して「コレでもいいんじゃない?」とも思ったのですが、他の機種はどれも中途半端で結局行き着くところは「全部入り」なプリマドンナXSでした。
      そしてトシさんがご心配されているように、忙しい朝にシュワシュワーっとやる気にはなれず...ボタン一つでプリマドンナが淹れてくれる目覚めの一杯は最高に美味しく、思い切って購入して良かったと使うたびに幸せをかみしめています。
      これは購入後に改めて実感したのですが、Starbucks等のカフェに全く行かなくなりました!平均して毎回400円ちょい使っていたのが、高級な豆を使ってお店と変わらないレベルの美味しいコーヒーが一杯40円ぐらいで飲めるようになり、カフェラテやカプチーノをたっぷり飲んでも一杯50~60円ぐらい??もちろんコンビニよりも間違いなく美味しくて安いですっ!!!
      こう考えるとプリマドンナXSを購入してもあっという間に元が取れてしまいます。もちろん下位モデルでも絶対満足できると思いますので、トシさんがどのようなエスプレッソライフを送りたいかによってモデルを決定されるのが良いと思います。
      高価なお買い物なので後悔のないようじっくり悩んでくださいね!

Leave a Reply