ガレージ改装中

いつもならこの季節でもバイクに乗ってひとっ走りしに行く旦那。でもさすがに今年の寒さには勝てないらしい…。バイクに乗れないのでここ数週間ガレージをガサガサやって改装作業に没頭しています。

まずは前回紹介したように天井の色を塗り替えて、IKEAのLACK(ウォールシェルフ)をイメージチェンジ。そっくりそのまま取り替えるよりも今ある物を工夫するのが我が家流。

AICA(Altyno)やサンゲツ(REATEC)、3M(DI-NOC)から大量にカッティングシートのサンプルを取り寄せ、散々悩んでAICA(VW-683C)に決定。施工はもちろん私担当…。

LACKのサイズに合わせてカットしてLACKに貼り付けると…かなりシッカリしたザラザラ感があり、模様リピートの間隔が広いので、こんな感じに本物と間違うほどの仕上がりに。他社のシートと比べてもAICAのは厚みがあってより”本物”に近いです。

天井のペンキ塗りも最初は私に任せようとしていた旦那。「それは自分でやってごらん〜。面白いよ〜。」っと励まし&途中口も挟んだけど、最終的には綺麗に塗れたのでコレもチャレンジしてみると言い出すかと思ったら。。やっぱりこういうのは私の役目らしい…。

最初の1本目(長さ110cm)はカットして貼り終わるまで1時間かかった…。で、2本目は40分ぐらい。なんでそんなに時間が掛かったかと言うと、わずか数ミリの切断面が見えるのが嫌&柄を合わせたかったので面ごとにカットしたんじゃなく、展開した状態のシートを貼ったから(1枚がデカイ)。元は白でした。

左がBefore、右がAfter。

何をするにも異常細かいところが気になる私。長さ190cmのLACKはさすがに小慣れてきて2本貼り終わるのに1時間半。なんせ長いから大変だったけど、空気が入ったり捩れたりということなくプロの仕上がり(自画自賛)に大満足な旦那。

私がシートと格闘している間、旦那は他のプロジェクトをコツコツ進行中。今ついてる何の変哲もないドアをヴィンテージっぽいデザインに作り変えます。

ドアの縁に杉板(軽さ重視)を接着剤&木ネジで貼り付け、天井と同じペンキでヌリヌリ。ドアの枠もペタペタやって….でもムラだらけになってしまったので途中私からアドバイスを。。

最終的にはチョイムラなのがいい感じに仕上がりましたっ。

たった数百円でガラリとイメージが変わり、旦那も納得の出来栄え。

一目瞭然、左がBefore、右がAfter。素晴らしい!

大きな変更箇所はすべて完了したので、あとは細かい装飾のみ。

小さいながらも旦那の一番好きな場所。思い返してみれば、この空間が欲しいがために10年前に家を建てたんだよね〜。

まだ寒さが続くので、もうしばらくこの作業を楽しめるね!

3 Comment

  1. リョウスケ says: Reply

    プロも納得の仕上がりですね!
    ですが奥様がアドバイス・・・、普通逆ですw
    できたら次は革ジャン&ブーツコレクションの詳細を見たいです!

    1. fujey says: Reply

      リョウスケさんへ。
      コメントいただきましてありがとうございます!
      ジャケット&ブーツ特集やりましょう〜。

      1. リョウスケ says:

        革モノの特集をぜひお願いします!
        それだけで酒が飲めるくらい革好きです!

Leave a Reply